やる夫RSS+インデックス やる夫まとめサイトの更新情報と、まとめのインデックス

好きなやる夫スレ2020年7月 アンケート

2020/06/30 · Posted in ブログ

アンケート結果です。投稿ありがとうございます!!
※二重投稿できるので、明かに重複しているものは除外しています。

Fate/extreme ~できる夫たちの聖杯戦争~
・無数にあるFateスレの中で1番好き。
サーヴァント原典人物へのリスペクトが深く、かなり詳しく調べた上で設定しているのが好印象。
何でもアリなキャスターとバーサーカーの大暴れが特に好きです。
おまけネタのボツサーヴァントデータを見るだけでも楽しい。
Future War 197X
・もし冷戦が世界大戦に発展していたら…?な架空戦記スレ
ミリタリー知識が少々必要なやや上級者向けスレながら、オムニバス形式で読みやすい。
ミリタリー好きにはぜひ読んで欲しい傑作。「おお、そこでコイツをもってくるか!」と盛り上がること請け合い。あんな試作兵器やこんな浪漫機体も大活躍!
IT業界のやる夫さん
・IT業界のあれこれを興味深く教えてくれるスレ。その壮絶なブラックぶりが目立つが、その中でも楽しく過ごそうとする様子がいい。
MILLION MONEY
・完結が近い作品、続きが待ち遠しい。
STALKING!!
・SF!恋愛!超能力!悪の組織!ロボット!オカルト!ヒーロー!ボーイミーツガール!政治!エログロ!スチームパンク!スパイ!アイドル!異形!アクション!ありったけを詰め込んだあんこ物。ダイス振る度にプロットが壊れていく中できっちり完結させたハシビロコウ(作者)さんは偉い。
TOKIO~光を求めて~
・ランスシリーズとTOKIOへのリスペクトが凄まじい。安価スレとは思えないレベルの完成度。ミックスちゃんかわいい。
TSして童貞の夢を守護る話
・短編集?の中の短編作品。
「TSして童貞の夢を守護る話」
「TSして童貞の夢を守護る話」2
の短編2作で、2は1の作り直しだけど、2が有る意味でTSモノの極地なのかも…
と思わせる内容だった
×××と俺
・中編最推しの作品。
オカルトを原材にラブコメが展開される。
もっともっと読んでいたくなる、ひと夏のボーイミーツガール。
☆凜冒険者シリーズ二次創作 「センダイにクラス転移したのでクラスメイトを買ってみた話」
・やる夫さんやべぇ。
あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG
・作品の質が高い。
あんこ時々安価で鬼滅の刃
・適度にシリアスで読みやすくハラハラ感があります。
ぐっちゃんパイセン、エロゲですよ
・懐かしいエロゲの話であるあるって気分に浸れる。
この想いは、ヴェネツィアの空と海に似ている
・短編祭内部の1作品。
漫画家を目指していたやらない夫が夢破れ、イタリアに逃避旅行する。
そこでレストランのアルバイトをしながら趣味の漫画を描いていたが描いている所を漫画好きなイタリアっ娘(フレンダ:禁書目録)に見つかり・・・
さっぱりとした読後感が味わえる作品。
後日談の「【飲食後夜祭】 この想いを、ビーゴリ・イン・サルサに添えて」もオススメ。
すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
・蛮族……言うほど蛮族か? あ、蛮族だ……

・タイトルの吸引力って侮れませんよね。

・セーヤのFGO出演希望!

・面白さと投下速度どちらも満点、最高のあんこ作品。

・完結記念でもあるけれど古代ヨーロッパで時代の荒波に消え行く筈だった民族が衰退すれどもローマにも認められるほどの王国を建国するまでの叙事詩はまさにロマンたっぷりでした。

それゆけ!ぼくらのモブ・カルデアス!
・ぐだ子のメインストーリー攻略の裏で、生き残ったモブ達が頑張って微小な特異点を解決していく話。アニマルな男達(マスター含む)が皆かっこいい!真実を探求するヤギおじさん・マシューが好き。
できない夫が神ならぬ身にて天上の意思に辿り着く者になるそうです
・主人公のできない夫やその周りが、やりたい放題やろうとして、いい思いをしたり、報いを受けたりする作品です。
不快感とカタルシスの連続によって、素晴らしく精神を揺さぶられます。
人間の醜さを前面に出しており、苦手な人は苦手だと思われる作風のため、自分に合わないと思ったら読まないほうがいいかもしれません。
しかし趣味にあったなら、それを補ってなお余りある程に、「どんどん読みたい」「続きが知りたい」という欲求がわいてきます。
残念ながら未完ですが、十分な長さがあるので作品を楽しむだけならば、大きなデメリットにはならないと思います。
できない夫はブーツを履き直すようです
・女神転生二次創作で、特殊部隊モノという異色作。特殊部隊について詳しくは知らないが少なくとも素人に「それっぽい」と思わせるだけの描写はある。
キャラクターはどこか渇いた感じがしながらもイキイキしていて、人間的なドライさと湿っぽさが感じられる。
この作品の良さはとにかく「引き」とそこからの「展開」で海外ドラマばりに先の気になる話の終わり方をする。そこから怒涛の展開見せる点も最高。
できない夫は本を作るようです
・小説の編集者であるできる夫が主人公。
あまり売れていない作家(ヤン・ウェンリー)が久しぶりにとても良い作品を書いたのでその作品に惚れ込み、どうにか書店に並べたい、売れるようにしたい、と駈けずり廻るお話。
ブラック企業はともかく、辛い仕事でもこういった出来事が1回でもあれば仕事というものに張り合いがでるんじゃないかな、と思わせてくれる作品。
できない夫は狩猟日誌を綴るようです
・モンスターハンター物。
ベテランハンターが堅実に狩る様子は安心して読める。
できない子とSCP
・SCPというものをこのスレで初めて知りました。設定・ストーリーともにとても上手くやる夫スレに落とし込んだ見事な作品。

・SCPの解説系スレだが主人公の特性が合わさって物語としても楽しめる。

・これのおかげでSCPに興味を持った。

できない子は”悪魔”と呼ばれるようです
・知識チートの見本市。すき。

・誰かにやる夫スレを勧める時、一番に出てくる作品。飯テロはつよい。

・できない子かわいい。

できる夫「異世界転生とかいう名の現実逃避」
・異世界転生系の話を揶揄ったギャグ作品。ハイテンションで笑える。
できる夫がバトロワな修学旅行へ行くようです
・転校初日にBR法に巻き込まれ、
生徒ほぼ全員がイカれている、チート武器盛りだくさんな状況で始まるコミカルなバトロワ。

・普通のバトロワものとは全く異なり、参加者の大半が好戦的で殺害に躊躇しないのがいい。
スナック菓子感覚で気軽に読める一品。

できる夫が八十日間で世界を一周するようです
・世界に未知が残っていた時代の世界一周はロマンがある。
できる夫のMETRO2033
・ポストアポカリプスとなった世界のロシア、その地下に張り巡らされた地下鉄道網「メトロ」を舞台とした小説及び洋ゲーをやる夫スレ化した作品。タイトルの通り主人公はできる夫が勤めています。
始まりは些細で不吉な前兆から始まった旅が、いつしか周りの人々どころか物語の舞台であるメトロ全ての運命を左右する重大な決断へと収束していく過程を、心優しい青年である主人公の目を通して綴られる、読み応えのある作品です。
できる夫の日常は闇に侵されていくようです
・前半が正統派ホラーで、後半からクトゥルフものとして荒唐無稽な話になっていく。どっちも面白い。
できる夫はTS悪役令嬢になるようです
・悪役令嬢ものではじめて見たやつです。それまでは何となく避けていましたが、これを見てからはそういうのが薄くなりました。面白かったです。

・男組に心揺らされて戸惑うできエリちゃんカワイイヤッター‼

できる夫は日記を書くようです
・「シリアルキラー」でもそうだったけど、表現が上手い作者さん。
できる夫は盾を掲げるようです
・パワポケ12の裏サクセスが原作とのこと。パワポケは1作もプレイしたことが無いので、原作と比べてどうなのかはさっぱりわからないのですが、単体作品として見て非常に面白いです。AA表現も実に秀逸。
できる夫達は百万ドルを取り返すようです
・海外小説原作。
ぼ っ ち 連 合
・独特の作風、キャラの変人感が面白い。「異世界で明るく楽しい犯罪者生活」もオススメ。
みんな纏めてヒーローになるようです
・今までで一番感動したやるおスレ。
めだーかぼっくーす【めだかボックス】
・主人公が普通に優秀なだけなのにヤベー奴扱いされているギャップが楽しくもあり空恐ろしさも感じる作品。
もこっちは乙女ゲーの世界に転生するようです。
・3度の転生を果たしたハイスペック喪女に世界が振り回される作品。
前作、前々作を読まなくても楽しいけど、読んだら理解が深まるので是非読め。
これの続編もあるぞ。
もこっちは無意識に原作をブレイクするようです
・もこっち(黒木智子)が主役な理不尽ギャグ作品。
毎回主人公のもこっちが周りから無茶振りされてそれをなんとか解決→むちゃぶり→解決・・・のエンドレス。
リリカルなのは、りりかるなのはSts、Fate(のブリテン)、悪役令嬢もの、悪役令嬢続編といった様々な世界で活躍中。
やらないキッチン
・書籍化もされた超有名作品。非常にテンポが良く、会話のセンスも秀逸。

・ネタの配分が絶妙。

やらない夫deドラクエ5
・ひねた主人公、悪辣な行い、そこ端折っていいの?というところを端折る。作品丸ごとねじ曲がっているように見えてその実王道中の王道。
ヒロインの優しさも仲間の愛も全部泣ける。
特に最終話、あまりに卑怯。誰でも泣きますあれは。
やらない夫がくんくん探偵にひきずられるようです?
・楽し気な学校生活が好き。
やらない夫と最後のデート
・レスの日付を注意しながら読んでほしい。読んだ時こんなのありなのかとびっくりした。
やらない夫はエターを回避したいようです
・大雑把に話が進むように見えて、実際は割と論理的な展開ってとこが好き。
やらない夫はポンコツビークル乗りのようです
・最終回を前に投下が途絶えてしまっていますが(エターとは決して言わない)、それを加味しても他人に勧めたい作品。テンポの良いギャグ、魅力的なキャラ、超絶かわいいヒロインと三拍子揃った少年漫画のような面白さがあります。
やらない夫は愛の為に戦うようです
・ロボットものが好きじゃなくても楽しく読めた。オタクのおっさん達には笑った。
やらない夫は昇山に付き合わされるようです
・名作『十二国記シリーズ』の1つのやる夫スレ化。
やらない夫は死者の声を聞く
・この作者さんはどれも面白い作品を書くけど、これが一番好き。
やるおたちの、すこし・ふしぎ物語
・雰囲気とできる夫のキャラが好き。
やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
・異世界で現代知識無双しようとするやるやらでっきーの話。そこそこ失敗もするし、チートがマイナスにも働く世知辛要素が好き。いつか第3部が来たらいいな。

・タイトル通り世知辛くて地味なんだけど、問題解決の試行錯誤をする三人組がいつも楽しそう。現実に彼らみたいな人と一緒に仕事したら絶対楽しい。

・何十回読み返しただろう。打ち切りエンドでも構わないので続きを待っています。

・技術チートの妥当性は自分には判断できませんが3人の空気感が好きです。

・題名通り、やるやらできが異世界に転生するが、一般人の彼らにできるチートは限られていて…というお話。
世界観も練りこまれているので異世界転生が好きな人にぜひオススメしたい。

やるやらで学ぶカブトムシの秘密
・カブトムシの生態について学べるぞ!(カブトムシの生態だけとは言っていない)
やるやらで学ぶゲームの歴史
・学ぶ系としても歴史系としても楽しめました。サブタイトル等小ネタも秀逸で、最後まで飽きずに読むことが出来る作品だと思います。
やるやらと行く、貨幣学の旅
・ファンタジー世界で、やる夫達がロレンス(狼と香辛料)と旅をしながら
『貨幣』というものについて学んでいく。
やるやらは偽りの太陽に祈るようです
・ここ最近の作品では一番好きです。丁寧な伏線に多彩なAA表現、ストーリーにキャラにと魅力が盛りだくさんで弱点が無い。素晴らしいの一言。
やる夫「王様ゲームしようぜ!!」
・安価、あんこの爆発力をフルに活用した笑える作品。
やる夫がDQⅢの勇者になるようです
・やる夫とやらない夫の友情が熱い名作。作者の正体には驚いた。
やる夫がKenshiになるようです
・すこ。続きをお待ちしてます。
やる夫がいきものクラブに入部するようです
・作者さんは羨ましくない学校生活を書こうとしたって言ってたと思うけど、充分うらやましいよ!
やる夫がかがみの奇妙な卒業旅行に同行するようです
・初めて見た時、心の奥底からすごい作品だと思った。
スタンドバトルもそうだけれど、キャラの感情とかの描写が凄すぎ。
※前提知識:JOJO、ガンダムSEED
やる夫がたった一人の最終決戦に挑むようです
・ギャグ作品と見せかけてジャンプ漫画かそれ以上の熱い展開になっていく。やる夫とライバルの水銀燈の関係が最高。傑作。
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです
・この作品の魅力は多岐に渡りますが最大の魅力は原作である新世紀エヴァンゲリオンへの“愛”でしょう。ただ話の表面をなぞるのではなく話の裏側で何があったのか、原作では描写されなかった場面まで現実の工業的な知見から、科学や哲学を織り交ぜながら描かれるリアリティさは圧巻の一言です。
その他にも登場する主要キャラクターに誰一人として無駄なキャラクターがいない所も素晴らしいです。メインヒロインである翠星石は勿論、周囲のキャラクターの心理描写が非常に丁寧であり最終的に皆が納得できる形に帰結させる話の構成力は凄まじいものがあります。
原作の全26話に加え前後編や旧劇場版の内容も含まれますのでやや長いかとは思いますが、改めてエヴァの魅力に気づかされる作品ではないかと思います。

・エヴァンゲリオンを技術者からの視点で描いていく作品。
エタったものだと思ってたら最近完結していたのでエヴァ好きなら読んで。

・作者さんの情熱が凄い作り込み。完結してよかった。翠星石かわいい。

やる夫がガーディアンと魔神皇に挑むようです
・続き書いて欲しい。できる夫とやらない夫が好き。
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
・テンポよく読めるファンタジー作品だが内容はかなりハード。
やる夫がスモチ荘で暮らすようです
・カオスなギャグ作品。二期の【俗】になってから更にカオスさに拍車がかかります。
やる夫がチェルノブイリに旅立つようです
・初めてギャグキャラとしてのやる夫以外の、ハード系主人公としてのやる夫を知ることが出来た作品でした。好きなゲームのやる夫スレ化というのもありますが、それ以上に作品そのものの力に引き寄せられてのめりこんでいました。硬派な世界観にハードでスリリングな展開が最高です。
また、この作品の為に描かれた支援絵の数々が実に見事でした。
個人的な話ですが、BUMP OF CHICKENの楽曲「firefly」が内容との符合を感じられて脳内妄想のテーマソングっぽいので、聴きながら読んでみるのもいいかも知れません。

・やる夫とやらない夫の関係、ラストのやる夫には泣いた。

やる夫がチートで、君が魔王で
・タ イ ト ル 通 り。
暗い展開一切なしのスーパーハピネスストーリー。
やる夫がデビルサマナーになるようです
・序盤から面白かったが、中盤以降から衝撃的なクオリティを見せた。誠、でってい、麻呂といったキャラたちの魅力が凄い。

・古い作品だが、面白さはいまなお一級品。
長編なので暇な人、現行作品を粗方掘った人にオススメ。

やる夫がドラクエⅡの勇者になるようです
・このノリは今見ても笑える。でっていう最高。
やる夫がプロ野球選手になるようです
・自分をやる夫スレ沼に落とした、原初の作品。スポーツモノとしてはもちろん、ギャグも面白い。
初めて見たやる夫スレがこの作品で良かったと、心の底から思います。

・四回読んで、四回泣いた

やる夫がリアルで戦うようです。
・弱っちかったやる夫が仲間と共に勇者になる話。
やる夫がロボ子と日常を歩むそうです
・今でも何度も読み返します。SFロボもの大好物です。他者の認識のすれちがいとかもっと大好物です。つまり最高です!

・愛が地球を救う王道のハートフル。ファンタジーでおすすめです。

・言わずと知れた名作。個人的にはパトレイバー後藤隊長の切れ者キャラの再現度が高いのが好き。しかも原作ではあまりない、更なる切れ者上司に振り回される姿も見られる。有能ながらも子供らしさが両立したのび太も魅力的。

・こういうのがすき。

やる夫が世界の名機に乗るようです+(プラス)
・世界の色んなヒコーキ(ほぼ軍用機)をあれこれ紹介するスレ。
名機と言いつつ迷機ばかりが登場し、乗せられたやる夫たちが酷い目に遭うのがお約束。
珍戦闘機の面白エピソード満載で面白い!
2ndシーズンもあるよ。

やる夫が光武帝になるようです
・本編おもしろいし、ブチャラティの解説はわかりやすい。キャスティングがいいのだろうか。登場人物が多いのに忘れることなかったような。
やる夫が大海皇子になるそうです
・緻密な調査を堅苦しくない淡々とした語り口で伝えてくれる、数ある歴史スレの中でも有数の良作です。
やる夫が宇宙刑事になるようです
・熱い作品だった。
やる夫が小説家になるようです
・やる夫スレブームの発端。これが無ければ数々の名作は生まれなかった?
やる夫が山形城に生まれたようです
・最上義光。出羽で覇権を取るのは凄いことなのに、覇権をとるまでの政治的活動、常に周辺国の脅威と地味な展開が続く。だけどそれがおもしろい。外交を詳しく描写してくれるので、そこを理解して読み進めるのが楽しい。
やる夫が幸せな冒険者になったようです
・前作「冒険者学校」からの続編。ほのぼのファンタジーで面白い。
やる夫が徳川家康になるようです
・流石にAA表現力では昨今の作品に劣るものの、内容は全然負けていない歴史スレの金字塔。

・歴史長編と言ったらコレ、というのが真っ先に思い付く良作。徳川軍の面々がいつもの白饅頭だらけなのにも関わらずストーリー展開から来る迫力は昨今の歴史解釈の進んだ大河ドラマにも引けを取らない。キャラクターも多いがAA元キャラは大半がネットに踏み込みさえすれば自ずと目に入るようなキャラばかりで初心者にも優しかった点をよく覚えている。

やる夫が戦国時代で金を稼ぐようです
・戦国タイムスリップ物を新しい切り口で描いた作品。
やる夫が正義の味方になるようです
・名作なんだけどまとめサイトが消滅したのが惜しい。これで即興は凄い。
やる夫が殺人事件に挑むようです
・当時、ワクワクしながら読んだ。
やる夫が永遠存在になる様です
・最高の真紅スレ。復活を待ち望んでいます(泣)
やる夫が現代を生きる仙人になるようです
・東方知らないけど、霊夢がかわいいのはわかった。
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
・まとめサイトか何かでオススメにあったので見たら一気読みしてしまった。
やる夫が真田家に生まれたようです
・真田信之のお話。合戦に出てくる地名を地図で確認しながら読むとさらにおもしろい。ヌーそくさんのまとめが消失したのが惜しい。
やる夫が空を目指すようです
・2008年の四大長編の一角として、当初ハマったばかりだった自分が徳川家康の次に読んだ事は記憶に新しい。原作のワゴンを知らなかったにも関わらず、中弛みを感じさせない展開と戦闘の鬼気迫るAAは新鮮味さえも覚えた程。お調子者の男性強者陣やハルヒキャラの鮮烈なキャラの残り方は凄かったが、逆にその凄さが無いという理由だけでドラゴンクォーターを買えていない。氏の期待には答えられなかった…。無念。
やる夫が自分と向き合ったようです
・落ち込んだ時に見返していたりした。
やる夫が遂に二次元の世界へ行くようです
・感動した。アニメやゲームの二次元のお話は無意味なのか?その1つのアンサー。
やる夫が鎌倉幕府の成立を見るようです
・足利氏からの視点で鎌倉幕府の成立を追うスレ。笑いあり感動ありの最高の作品。

・おもしろい。わかりやすい。背景の解説がしっかりしていて理解しながら展開を追っていけた。自分はこの時代の社会構造をぼんやりとイメージしていただけだったので、ことさら新鮮だった。

・数ある歴史系やる夫スレの中でも特に好きな作品。超メジャーな源平の闘いからマイナー気味な鎌倉幕府の成熟期まで余さず語る良スレ。

やる夫が0からはじめるようです
・異世界転移ファンタジー村開拓もの。
異世界に来たやる夫がローゼンメイデン姉妹とともに
人が居なくなった村の復興をしていく。安価でどう行動するか決定する形式。
かなりの長編。
やる夫たちが生徒会役員になったようです
・バカな奴らのドタバタ学園ギャグ。
やる夫たちは人狼ゲームを楽しむようです
・疫病さんは、誰でも知ってるキャラを使って、よく練られたプロットで書いてくれる神です。
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
・めっちゃ面白くてめっちゃ笑う。復活を祈念して。
やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活
・言わずと知れたイギリス料理の方の作品。過去のイギリスにタイムスリップしたやる夫が、貧しいなかでも必死に生きる当時の人々と触れ合う。帰還後の展開で泣いた。続編?のSFチックなストーリーも面白かった。

・物語要素と学び要素を混ぜた作品は江戸時代から続いている。なぜかって? おもしろいから。これ読んでからこの時代を舞台にした小説やゲームするとまた違った視点で見れておいしさ二倍。

・歴史系。この作者さんの他の作品もオススメ。

・学ぶ系スレの金字塔、古き良きやる夫スレ、読んでないヤツは今すぐ読むべし。

やる夫で学ぶ最強議論
・男なら誰しもが考えたことのある””最強””の座。それを決める為に日夜論争を繰り広げている最強議論スレを学ぶ作品です。
柳田理科雄先生の空想科学読本のようにトンデモ理論が飛び交い、「そんなのアリ!?」と思う決着もあるので一度読んで爆笑してみよう! 頭のいい人達が「地球割られたら空気吸えないからお前負けー!」「それより速く攻撃出来るから負けませんー!」「無敵バリア貫通攻撃で勝ちー!」「刀で戦うより船に乗った方が強いに決まってるじゃん」「はいこの本に全能って書いてあるから最強ー!」と(意訳)、日夜強さを競い合う最強議論スレを学ぶ作品。
やる夫とエイラと整備室
・やる夫スレのストパン作者様の作品。
ストパン好きな人にこの作品含め同作者様の連続短編などをオススメしたいために投稿しました。ウィッチ達がほんと可愛いぞ!
やる夫とジジイとかが冒険します
・ギャグも王道冒険ものとしても最高。
やる夫とタンポポと恋
・やる夫だって恋をしたっていいじゃないか。
やる夫と学ぶ野村克也
・「陰気でぼそぼそボヤく、野球の監督」というイメージしか無かった、自分の中の野村克也像を一変させてくれた作品。もちろん多少美化はされているのでしょうが、野村克也という人間が大好きになりました。
「知名度の割に現役時代の活躍をあんまり知らないなぁ」なんて人にはぜひ読んでみて欲しい。
やる夫と愉快なニートども
・ギャグ作品だけどギャグだけじゃない。シグナムが良いキャラしててヴィータが可愛い。
やる夫と深夜の駄目人間達
・「在来種に負けてんじゃねーかよ!」
こんなキレ味のあるセリフ一生一度でいいから書いてみたい.
やる夫とばくだん
・横山光輝の名作「マーズ」をやる夫AA化した意欲作。所々に演出の工夫(ボスラッシュ、音楽の選択、ギャグ等)を施しており期待を上回る出来。原作未読の人が羨ましくなる。
やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
・主人公の性格とそれに惹かれていくヒロイン翠星石の心が丁寧に描写されていてよかった。
やる夫と金糸雀で学べるかもしれない三角貿易の世界
・コミカルで分かりやすい大好きな学ぶ系スレです。
やる夫と黒子の大冒険
・衝撃的な1話から一気に引き込まれた。
やる夫のセンチメンタルデスクリムゾン
・エタってしまったのが勿体ない、怪作に怪作を混ぜて妙な方向にかっ飛ばしたサムライの物語。
やる夫のダンジョンマスター
・ダンジョンの主になるのではなく、攻略する話。基本的には原作ゲームの攻略をなぞるのだがオリジナルのストーリーもこっそり混ざっていた。それに気づいたときにぐっと印象が変わった。
やる夫のプロ野球人生
・強烈な作風の作者ながら、この話は王道で、爆笑しつつ熱くなれる。最近GESUの作品がまとめられず、辛いです…
やる夫のボーイミーツガール
・まるで本物のロボットアニメを見ているかのようなスレでした。
今のロボットアニメはこういうのが望まれていると思う。
やる夫のロマンシングなサーガいきなり3
・初期やる夫スレにおける翠星石の位置を決定した作品。まだAAが未発達だった時代なのに、背景が浮かんでくるかのよう。
やる夫の人生ゲーム
・やる夫が昭和後期にタイムスリップして人生やり直す…
…どころか色々大人の経験&未来知識ではっちゃける作品。
30代後半〜40代前半くらいの人には思い切りヒットする内容。
昭和のあの頃の解説がちょくちょく出てきて、懐かしさにホロリとするかも。
エロもあるけどそちらは賛否ありで自分はエロシーンは飛ばして読んだ。
やる夫の兄はブラコンのようです
・立て逃げスレを代わりに書き始めたのに長寿スレ。雰囲気が好き。
やる夫の魔王の道
・激動のストーリー、今となれば昨今散見される展開の先駆けにも思えるそれには当時ただただ驚かされた。合間合間に挟まれるキャラの牧歌的な小噺も含めるとかなりの長編ともなるが、初期の一、二話で完結する話をスピードで乗り切っていると意外とバテずに読める楽しさもある。終盤のキャラ脱落への忌憚だけはどうにも逃れられなかったのは読んでる最中の反省点。

・やる夫が要人たちと仲がよくなっていくのがうれしかった。一時期Googleサジェストでやる夫があると魔王の道が頻出していたっけ。

・この作品と出会えて本当に良かった。やる夫沼に引き込まれる原因となった作品。

やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
・完結乙 他作品も楽しみしている。
やる夫はこの世界でたった一人の,;:.;:,う,.,.i;,l;
・まずAA表現に驚いた。背景とか空間を感じられて世界観に引きこまれた。一見の価値ありだと思う。
やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです
・歴史系学ぶ系作品。
アフリカのボツワナ、および周辺国やアフリカの植民地支配脱却の時期を取り扱った作品。
かなり調べた上で書かれた作品で、評価も凄く高く有名だけど、学ぶ系読まない人には知名度が無いという可能性もあったのでオススメしておく。

・ニコ動のおすすめに動画化された物が並んでいて、結果としてやる夫スレにハマるきっかけとなった一作。氏の本気の歴史解釈やAA元キャラとのイメージ合致度の高さも含めて屈指の名作だと思われる。惜しむるは題材のニッチさが前方に出てきてしまい新規に薦めるのが絶望的に難しい点。書籍化を断った話は仕方なさも募るが…。

・学ぶ系の金字塔、やる夫スレでは破格の量のソース。
アフリカの多様性と現代における問題について示唆に富む名作。
てかなんで論文で書かなかったんだ…?

やる夫はカードを引くようです
・おそらくやる夫スレを見ている人の大体が知ってる名作長くて見るのがめんどくさいや最初のコロッセオ編を読んで合わないなと思って読んでない人も本当に今やっている群雄割拠編というのは本当に燃える!今読まずにおわった後に読んだら必ず後悔すると思う!

・「やる夫スレ」の強みを最大限に活かした、頂点と言っていい作品だと思います。ストーリーそのものも非常に面白く、まさに完璧。

・すこ。

やる夫はギルドを経営するようです
・出てくる女の子が頭おかしい女の子だらけのカオス系ラブコメ。
メインヒロインからしてTSヤンホモ弟(既婚)といえばヤバさが伝わるか。
ただ頭おかしいだけでなく作者が特撮好きだからかベタな王道的展開もあったりする。
小ネタも特撮系が多いし。
風都の女とのラブコメを読みたい人にオススメの作品。
因みにR18(G)とついてるけど殆どエロもグロも無かったのは期待外れでした。

やる夫はリリカルな世界に転生したらしいのでちゅわ
・元作品はリリカルなのはだけど、知ってない人でも楽しめるような作品です。
やる夫だけでなく周囲のキャラにも考えがあり、時にぶつかったり、協力したりするところを見せるのが非常にうまいと思いました。
あなたも気づいたらスレ民のような反応をすること間違いなし!
やる夫はロウルートに進む様です
・メガテン原作のやる夫スレ。聖書の言葉を度々引用するやる夫の姿が印象的。
やる夫は光を目指すようです
・今二十歳前後の人なら心に残ってるロックマンエグゼ。
それらを元にしたやる夫スレ。
アニメやゲームなどを組み合わせたまた違う新たなストーリーがたまらない。
やる夫は冒険者を目指すようです
・最近ようやく完結した安価スレ。
綺麗にハッピーエンドで終わって良かった。
やる夫は剣を抜いたようです
・バトル有ギャグ有成長有萌え有鬱有ヤンデレ有の豪華フルコースの良質な週間少年漫画のような作品。
実際こんな密度とボリュームを週一投下で完結させたなんて未だに驚嘆に値します。
やる夫は友人たちと恐怖を乗り越えるそうです
・サスペンス系で一番の作品。プロの小説みたいな構成。
やる夫は夢に惑うようです
・ペルソナシリーズを元にしたオリジナル設定物だと、1番の傑作。
緻密な設定、張り巡らされた伏線。
そして最後の大円団!
まさしく最後の「彼女」が言うようにみんなが望んだハッピーエンドが見られる。
やる夫は大宇宙を駆け抜けるようです
・ヒロインがかわいい。
やる夫は奇妙な乙女ゲーに転生するようです
・転生モノで能力バトル系の話。ゲーム世界への転生だがそのゲームが色々はっちゃけてるのが面白い。

・JOJO的能力バトル + やる夫スレ的ギャグ + 女性主人公(TSも含む)
※JOJO(スタンド)と、あと悪役令嬢モノを触り程度知ってる必要あり

やる夫は安楽椅子探偵の推理を聞くそうです
・読者が自由に推理参加できる、本格ミステリースレ。
1話完結式で難易度が徐々に上がっていくが、どの話も完成度が高く、推理が盛り上がる。
殺人事件といっても陰鬱な背景やら凄惨なシーンやらは無いので、肩の力を抜いて楽しめます
数年前にエタったと思われたが最近復活!超嬉しい!
やる夫は希望にすがるようです
・正義は成された。
やる夫は死なせてもらえないようです
・良質なミステリー&サスペンス作品。どうみてもサイコなヒロインのハルヒに目が離せない。

・展開が全く読めない。

やる夫は滅びゆく国で戦い続けるようです
・タイトルに興味を持ったら読んでほしい。こういうのが好きなんだ。
やる夫は翠星石を弟子にするようです
・魔法とか戦闘の理論が好き。再開を祈念。
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです
・ガンガンのマンガである「ハーメルンのバイオリン弾き」原作のやる夫スレ。原作の破天荒なギャグと重厚なシリアスを両立させている。サイザー役の水銀燈やベース役の上条当麻&インデックスなど配役もハマっていて面白い。
やる夫は青い血を引いていたようです
・作者多忙につき年2更新みたいなスケジュールだけどいつでも更新待ってる。
・中世ヨーロッパ(神聖ローマ帝国内ドイツ騎士団領・諸侯国)をイメージした中世欧州封建体制などをストーリーで分かりやすく伝えてくれる大好きなスレです
やる夫は魔女の騎士になるようです
・Re:ゼロから始める異世界生活の元ネタと言われるスレ。だけどそんなことはどうでもよくて、当時好きで好きで何度も読んだ。
やる夫は(ケモナー的な意味で)ポケモンを愛するようです
ポケモンを性的な意味で愛するトレーナーやる夫の物語。
これはひどいの権化にして、ポケモンスレ界最高峰の面白さ
どれくらいひどいかというと、トレーナーであるやる夫がタネマシンガンでポケモンに直接攻撃した時の描写がこれ

(な、なんという早漏かつ勢いのあるポケニーなんだ!)

            イワセンナハズカシイ
(ランターンは今、奴の”魂という名の白”が口に入るのを恐れている。
それだけを避けようとして、結局行為を凝視し、精神を削られている)
(こ、これはもう間違いないだろ!)

     ジブンデタタカウ
(かつて”範馬勇次郎”スタイルを極め、今も四天王の2番目に君臨するあの男の
トレーナーニダイレクトアタック
”ポケスペ式戦闘術”奥義の対ポケモンver!)

三    イマジンレイパー    三
三    ”幻想犯し”    三

全話終始このノリといとてつもないスレ。しかし同時に、ポケモンへの深い愛をもつ作品でもある。
完結済みなのに、最後までまとめたまとめスレが無いのが惜しくてならない。

ここまでで1コメントです(やる夫RSS)

やる夫イフェが聖戦を駆け抜けるようです
・原作を理解し、その上で描き出した独自のキャラクター像や展開、その演出すべてが見事。
やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです
・やる夫スレの中でもトップクラスの完成度を誇る作品。
これはやる夫スレとか関係なしに、すべての人に見てもらいたい話だ。
戦後の光と闇を見ながら、それでも懸命に愛する者たちの為に生き抜いてきた者の話。
この話には悪は居ない。
ただそこに生きようと必死だった人達がいただけだ。
やる実が、後宮の女史になったようでス。
・中華皇帝の下半身事情に詳しくなってしまった。
りゅうのほろんだひ
・まるでおとぎ話のような物語。

・良い雰囲気だった。

アウトローマンやる夫
・ジョジョ愛というか荒木愛が凄かった。同作者の「岸部露伴は~」シリーズも必見。
アカガネ山のやる夫【オリジナルファンタジー】
・クソエルフ最高や。

・安定したシナリオとキャラ立ちに少し懐かしいファンタジーの世界観が合わさって大変面白いです。古い秘密を調べるファンタジーってイイよね…

・アクアが正に聖母(マザー)!!

・王道ファンタジーっていいよね。

アルトリアさんはてんせいしゃ
・頭からっぽにして読む系のギャグが疲れてる時に読むと効く。

・タイトル通り転生物のギャグ作品。お労しや公爵。

オンドゥル地獄の落書き帳 やる夫のフルメタルIS
・ISの作品だとトップクラスに好き。
最後のシーンとかは是非音楽流しながら見てほしい。
カリブの海と海賊たちのはなし
・極めて完成度の高い歴史スレ。
全く堅苦しくなく、ギャグ調ストーリーでスイスイ進行する上、メッチャわかりやすい。
バケツ船長ことキャプテン・キッドを始め、キャラクターもみんな可愛く魅力的。
同作者が書くほかの歴史スレも全部名作。

・このスレのおかげでアサシンクリード4を堪能できました!

ガンダムビルドファイターズヤルオ
・やる夫とクラエスの狂おしいほどの純粋な愛が美しいと思います。
ギャル夫は学園で謎を探るようです
・良質の学園ホラー。
クリスマスイヴまでに
・あまり知られてないけど良スレだと思った。
ゴブリンスレイヤー
・説明不要の良作。
ゴルゴ13危機一髪!
・古き良きやる夫スレ短編。
読み返した時、登場人物を見て思わず「懐かしっ!」って言ってしまった。
サバイバルヤルオ
・完結作品の中で一番好きです。序盤の絶望感・嫌悪感・中盤のワクワク感・ハラハラ感、終盤のカタルシス。作品について思いを馳せるだけで涙が出そうになります。

・エピローグまで読み終わった後のカタルシスは本当にすごい。
個人的にはやる夫スレ史上最高傑作だと思ってる。

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル【ジャンケン】
・ジョジョのキャラがジャンケンをする話。
4部を読んだなら言うまでもないが、ただグーチョキパーを出すだけがジャンケンじゃない。出すまでの「心理戦」!それをジョジョらしく書いてる珠玉の一作である。
スモーキンハーレム?
・作中の雰囲気、描写が最高。
ゼロの使い魔最終巻発売決定記念にせっかくだからゼロの使い魔のループものをAAでやってみる
・本編が非常に面白いのはもちろん雑談でもスレ住民の年代幅が広くてゲームの話題を眺めているだけでも楽しめます。
トラッククエスト8~空戦と海戦と陸戦と呪われし大戦争~
・1901年日本から始まる歴史改編安価スレ。とにかくキャラが立っていて面白い。定期的に読み返したくなる。

・戦前の事を知りつつ楽しめた。火葬戦記としてはこれが一番好き。

ドルオタのやる夫が学園島でプロポケモントレーナーを目指すようです
・皆一丸となって勝利を目指す感じが見ていて気持ちがいいです。
ぜひ完結まで続いてほしいです。
プロトコル:ASURA
・作品のつくりが大変丁寧。
マジチン転生
・好きなシリーズ。
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
・マミさんはネタにされやすいなあ。こじらせ続けて三十路になる運命なのか、その結末は読んで確かめてくれ!
マミさんと世界樹スレ
・世界樹の迷宮原作なのだが、わからなくてもおもしろい。ここまでフラグをネタにしてストーリーを進められるのってスゲー。
ミクとやらない夫の徒然なるままに
・ライトノベルみたいなラブコメ作品。
登場人物がハッチャケたりするので明るい雰囲気が好きな方にはオススメ。
ヤルオとDioは逃げるようです
・一つ一つの話の展開が丁寧で、伏線の回収も上手く、キャラも際立ってる。作品としてとても高いレベルにまとまっていて、正に神作品。エタってしまったのが何よりも悔やまれる。
レベルを上げるスレ
・レベルを上げる!人が来てバフかアイテムを貰う!レベルを上げる!人が来てバフかアイテムを貰う!以上!
biim式リスペクト作品でサクサクレベル上げて、合間にちょっとストーリー挟んでまたレベル上げてとシンプルな作品。
ロケッ都団が征く!!
・3月くらいから見始めました。日常もののノリで小ネタ回が多いですが本編のボリュームも十分にあるので楽しく読ませてもらっています。個人的に好きなキャラはのらきゃっとです。
ワタシはファンタジーを否定する
・これまでのやる夫スレとは少し異なる表現が見られる作品。
漫画のような派手なバトルや練られた世界観、丁寧な描写も好みだが、中でもキャラクターの魅力が高く、うさん臭い会話が一番好きw
中聖杯戦争シリーズ【Fate】
・Fate二次創作スレで一番をあげるとするならこのシリーズ。
パワーバランス設定やテストプレイを繰り返して堅実に始めるも、ダイスによってプロットが捻れ狂い、女神様の気紛れか悪役が凄い勢いでぶっ飛ばされ、そして最終的にはハッピーエンド。
スカッとする!バッカーノ!恋愛要素もある!そんなB級(褒め言葉)チックな作品なので頭空っぽにして爆笑したいなら是非オススメ。
亜人はBARに居る
・マスターやらない夫と同じ作者の作品。
異種族物が好きな方にはオススメ。
仮面ライダーグロンギがあっても良いのではないか
・仮面ライダークウガには敵として「グロンギ」という種族が出る。
あとはタイトル通り。
修羅の道を歩むそうです
・筋トレを学べるしやるやらが面白い。
俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~
・あまりに短い人生の主人公たち。なんと哀しい宿命の一族なのかと不覚にも泣いてしまった。
入速出邸の住人はフリーダムなようです
・私をやる夫スレの沼に引き込んだ、偉大なる作品。ガンダムと人間の三角関係が見られる作品はこれだけだと断言できます。大学のPCでこっそり見てたので、笑いを堪えるのに必死でした。
凡才やらない夫の転生条件
・スクールカーストの捉え方が好き。
勇者RTA
・biim式リスペクトRTA動画作者がRPGシステムを活用して何度も魔王を倒す周回をする話。
古き良き時代の大冒険活劇
・タイトルそのまんま。ザ・大冒険。
召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
・騎士の中の騎士がTSして主人公と添い遂げる 最高。
召喚勇者・阿含くんはブラックなようです
・金剛阿含(アイシールド21)が異世界召喚され、そこで勇者をやりながら企業運営もしていくお話。
1話1話が数レスで終わりさらっと読める。
現実のブラック企業に疲れた人に読んでもらいたい一品。
国際的な小咄
・なんだこのスレ(畏怖)
なんだこのスレ主(恐怖)
初めはほのぼのした学ぶ系みたいな感じだったんだ…
それがいつからかあらゆるジャンルの話題が混在するカオスの坩堝になっていたんだ…
あ、読むだけで賢くなったきになれるよ

・色々と外国の文化や外国人目線の物の見方が見れる。

・投下量がすごい。

・一個一個は数レスで短いけれど、とにかく量が多い。
この作品のイッチ(スレ主)は複数人で分業体制?をしていて、毎日のように更新されていく物量とそれに応じて増える国際国内問わない情報がオススメな作品。
2015年から始まっているので、それ以降の国際的ニュースは全部読めば大体分かるぞ!!

地下遺構大迷宮と女冒険者達
・作品世界の空気がとても好きです。妓女を花に例えるところも素敵です。
大惨事スーパーロボット大変「あばば」
・スーパーロボット達が酒場で下ネタを交えながら駄弁る話。
隠語が『パイルダーオン』、『俺のマジンガーブレード』といった感じになってるので好きな方はハマる。
大阪やる夫物語
・作者はyoutuber?Vtuberになったらしいが、こっちも続き書いてほしい。
小岩井吉乃の桜ちゃん育成計画
・商業ラノベのやる夫スレ化作品(第1巻分まで)
プレイしてたゲーム(ファンタジーRPG)をクリアした後、目が醒めたらそのファンタジー世界に主人公となって転生。
クリア後の、しかも100年以上経ってる世界で俺TUEEEするのかと思いきや、基本は弟子にした子(木之本桜)をどうやって魔法使いとして育てていくかというのがメイン話。
幼児戦記
・幼女戦記が原作のエター作品R-18ではないがTS好きな人は原作読まなくてもかなり楽しめると思う。
広島カープとやらない子
・新しい世界を見つけるのって、いつでも誰にとっても素晴しいものだ。
彼らの隣に何かが立つようです
・一般学生がある日超能力を持ったら?というのが好きなので。
彼らはキラークイーンで最後まで殺し合うようです
・結構新しい方の作品ではこれが一番好き、という位置付けの作品。善意もクソも全く存在しない舵取りに殺意と理性の駆け引きや環境と人間関係をひたすら逆撫でした展開に読んでいる最中ずっと白熱し、生存者が判明するまで全く気が抜けなかった。まさに鬼作。普通に原作より面白いと言えてしまうのは禁句。ラスト3人それぞれの生還エンドを見れないのは悔やまれる。

・デスゲームもので協力して生き残ろうとする人がいるのは鉄板だけどこれがそれが1人もいない。全員がみんな殺して自分だけ生き残ろうと考えてる珍しい作品。

彼らは友達が皆無
・少ないじゃなくて、皆無。でもみんないい奴。そして前向き。こんな人たちが近くにいたら友達になりたい。この作者さん好き。
恋心とシュガーラブ
・ストーカーから逃げ来てきたアイドルの佐藤心(デレマス)と防犯目的で同居を初めるやる夫。
その縁からアイドル事務所のアルバイトとして働くことになったが、そこで事務をしていた女性に一目惚れしてしまい…
基本デレマスキャラがメインのほのぼのギャグ作品。
悪徳貴族がエッチなことをするお話 【R-18】
・すごいエッチな雰囲気がすこ。
戦国尖っている
・あんこスレ総本家、ダイスでプロットが爆破されるのが好きな方へ。
探偵と魔法少女
・面白かった
揺籃世界ラストクレイドル 第二部
・最初は平凡だったが、船を得て仲間が増え傭兵団となっていくと面白くなった。
新・やる夫の関が原戦線異常アリ
・歴史系スレの決定版。
新・やる夫達は警視庁特別救急警察隊のようです
・メタルヒーローシリーズ、特警ウインスペクターを軸にメタルヒーロー達がクロスオーバーする名作。
旅をするために旅をするひとたち
・異世界転移もの。読み応えあった。
時間喪失少年できる夫(青年) りんご味
・作者の別作品「無垢な心に~」と同様に読んでて辛かったけど、読み終わった時は読んで良かったと思えた。
最低弁護士杏子とできる夫の法廷記録
・コメディタッチで気軽に読める法廷物 カタルシスも申し分なし。

・最低だけど痛快な話で面白かった。

月曜日の人殺したち
・よくできた短編ミステリー小説を読み終えたかのような読後感。
やる夫スレならでは、スレに親しんでいる人だからこそ騙されてしまうギミックがよく効いている。この場でしか成立し得ない名作だと思う。
最後まで読み終えてからもう一度読み返した後に、記憶を無くしてからもう一度読みたいとさえ思ってしまった。
サクッと読める長さなので、まだ読んだことのない人にもぜひ一度読んでもらいたい。
東北メガテン
・主人公のキル夫が最高に良いやつで、相棒の慎二が2番めにいいヤツ。秀逸なストーリーと小気味良いギャグパート、合間に挟まれる郷土愛溢れる小ネタが魅力的な作品。

・主人公のキル夫、相棒のワカメが良いキャラして痛快。学ぶ系の側面あり。

東北野球タックル児☆ラブリー甲子園
・試合も安価も面白かった。
森のくまさん
・農村に住むやる夫と他所から来た女の子とで現代の農村の暮らしの実態を描いたお話。
農村のあれこれがそれとなく描かれていて興味深い。エタったのが残念。
正義屋さん
・「偽りの太陽」作者さんの新作だけあって抜群の安定感の面白さ。
死にたがりのやる夫社長シリーズ
・「やる夫のダンジョン運営記」内の短編連作。
「やる夫は脅迫で食っていくようです」という短編から始まり、以後「死にたがりのやる夫社長の〜」というシリーズになるので少し検索が大変。
当たり屋まがいに自殺しようとしたら当たった車が大金持ちの車で、その金持ちに気に入られてしまいあれよあれよとグループ傘下でゲーム会社を運営することに・・・
実際にああいうゲームがあったらな、という作者や読者の希望がかなったゲームをやる夫が社長として作っていく。

・死にて~大爆死しよ~と投資したゲームがバカ売れしちゃった、みたいな話。周囲にわざとロリコンだと思わせようとするやる夫という珍しい姿が見れる。シリーズでまとまっていないので読み逃しがありそう。

無芸炊爨
・異世界召喚された料理人やる夫がなんとか店を構えるまで冒険者パーティに入れてもらい頑張るお話。
料理しか能がない地球人がどうすればファンタジー世界でやっていけるかが
書かれており、興味深い内容になっている。
猫のスカイリム
・大好きな作品。ある日突然カジート(獣人)になってしまったモナーキンが元の体に戻るために大冒険。強大無比なデイドラの王子たちを相手に恐れながらも勇敢に立ち向かうモナーキンは、まさにヒーローです。

・この作者さんのほかの作品もいいよ。

王様「魔王倒してきて」やる夫「えっ」
・やる夫が勇者になって魔王を倒すDQ3っぽいお話…と思いきや、特に勇者らしい能力もないので「社会的に」「討伐会社を起こして」魔王を退治しようとするお話。
社会的に魔王を倒すという異色勇者モノ&ヒロインが可愛い。
・・・デレマスのちっひは好きかい?じゃあオススメだよ!
現代ダンジョンに希望を持つのは明らかな間違い
・現代ダンジョンもの
10年前にダンジョンが湧いた現代日本で、ダンジョンが湧いた土地の持ち主は管理責任を強制的に課せられ、外に怪物が湧き出ない様に命を掛けて間引きする義務が生じるためダンジョンおよびダンジョンの持ち主は疫病神扱いされる世界。
主人公のやる夫が知人に騙されて買った一軒家には忌避されているダンジョンが存在していたことがわかり、強制的にダンジョンでモンスターの間引きをすることに…
というところからなんとか「まとも」に戻ることを目指して行くお話。
異世界からかえってきたやる夫君のお話
・この作者の物は大体面白い。
異世界転生三人組のメガテン哀歌
・主人公のチーム?が俗物的な感じで仲魔たちと地味な勘違いもあって良い。
異世界食堂できない夫
・ついこの前書籍化で話題になったキッチンやらない-Oと自分の中では双璧を成すかの様に思えるこの作品。AA元のキャラをそのまま世界観を繋げて使っているという点においてどうしてもこちらの方を上に評価してしまいがちなのは悪い癖。単純に自分が東方好きである点が寄与している部分が大きいのだが…。氏がふと思い出したかのように番外編を投げてくれるお陰で現行(?)なのも嬉しい所。

・異世界食堂の二次創作。
版権キャラがご飯を食べて、他のお客さんに助けられたり助けたりと暖かい雰囲気。

白頭と灰かぶりの魔女
・これからも応援してます。

・自分をやる夫スレ沼に引きずり込んだ作品。キャラの描写が魅力的で掛け合いが楽しい。そのぶん落差もあって心が締め付けられること多々。謎が多く散りばめられていて考察が捗る。IFルートも描写されていて本編との差にびっくりすることも。兎にも角にも心に来る作品。続きが非常に待ち遠しい・・・。

真・やる夫†無双 〜白色演義〜
・三国志らしく各陣営それぞれのキャラは有能かつ魅力的。
呂布役をセイバーがやっている。強そうでしょ。強いんだ。その強さの描写が痛快なんですよ。
董卓役はブラックラグーンのロベルタが担当。原作恋姫無双の董卓と全然違う? いやいや汚れ役でも率先して引き受けるところがシンクロしてるんです。苛烈で定評のあるこのキャラが絆されていくのはぐっとくるんですよ。
未来から来たやる夫の内政チートは言葉ではなく行動が伴なっているので納得感がある。戦争の描写も作戦の流れがしっかり描写されている。最後までわくわくしながら読んだ。好き。
真・やる夫転生 ~世界が滅びてやる夫が生まれた様です~
・おそらくやる夫スレ界で1番有名な作者であろう童帝氏のメガテン新作いつもの通りR-18なので気おつけて。
真紅はお嬢様呼ばわりされたくないようです
・人物描写が丁寧ですき。
確率世界においてねらう牙の存在は未知数のようです
・1000話以上投下し続けている。
私談・楚漢戦争
・劉邦と項羽の歴史系。この作者は他の作品でも歴史への考証がすごくて従来の説を否定していく。
笑ってはいけない1レスネタ24時
・懐かしき2chコピペ集の様に、1レスで笑わせてくれる珠玉のネタが勢揃い。
クスッと笑いたいなら一押しの作品。
管理人がやらない夫のコスプレをするようです
・やらない夫オンリーブログの管理人さんがやらない夫のコスプレをするノンフィクション物。
写真付きで分かりやすく、コミケの心温まる交流が描かれてる。
糸色ゼミには奇妙な学生たちが集うようです
・スレタイからジョジョ物だと推測出来なくて長年忌避していたのに読んでたら一瞬で吸い込まれた鬼作。全員が一丸となってラスボスを倒す展開は結構な長さにも関わらず『早くラスボスを楽にしてやって欲しい』と思える程にのめり込んで読んでいた覚えがある。スタンドの能力同士の連携、ラストの悲壮感と希望の混ぜこぜになった感触等良点にキリが無い。後は銃弾発射という某のスタンドをあそこまで昇華させた氏の腕前にも賞賛と讃歌を。

・丁寧な描写と伏線の数々に引き込まれます。特にラストバトルの展開は圧巻の一言。

美琴がやる夫を召喚したようです
・異世界召喚美醜逆転もの。
…といってもモテよりもファンタジー世界での魔法や戦争の話が多めで単純に異世界の設定やファンタジー世界の戦闘を楽しむ作品としてもかなり面白い。
翠星夫がマケドニアで虹彩異色症なようです
・歴史系。めちゃくちゃなようだけど、実際めちゃくちゃだった大王のお話。
翠星夫のDRAGON QUEST Ⅳ
・マイナーだけど熱い名作。幼く弱かった翠星夫が立ち上がる物語。
翠星夫はかなわなかったようです
・今まで見たやる夫スレの中で一番感動した作品です。

・どうしようもなく、ないない尽くしの主人公がカッコいい。

翠星石がやる夫のせいシリーズ
・当時読んだワクワクはまだ覚えている。ローゼンキャラの出世作。
翠星石と白饅頭な彼氏
・やる夫スレで最初に見た思い出の作品。これを読んだ後しばらく翠星石中毒になったのは懐かしい話。
舞浜シリーズ
・「やる夫で学ぶ陶芸入門」から始まる、世界観を共有した短編・長編の総称。甘かったり笑えたりためになったり興味深かったり、色々な楽しさを見いだせる作品。
うどん大戦は腹抱えて笑いましたw

・かなり昔の学ぶ系連続作品。
「舞浜」という舞台で同じキャラを使いながら
陶芸や手芸やダーツやビリヤードや電子タバコやトロピコや・・・
などなどいろんな学ぶ系をやっていく連続作品。
こういう感じの作品がまた出てくれればな、と心から思う。

華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
・おっちょこちょいだが度胸があるルイズと、小物だが大人としての責任感があるやる夫がいいコンビ。ルイズの身代わりをする傭兵あんこちゃんが、良いとこ育ちのつかさと友情を築いていくところが特にお気に入り。

・ノンストレス。何かみんないいやつ。この話読むと、世の中厳しいけどどうにかなるような気がしてくる。

蒼星石と白饅頭な神さま
・地球人が総力をあげてガイストと戦うシーンは最高でした。あれは何度見ても盛り上がる。
虎よ! 虎よ!
・小説のやる夫スレ化という言葉には収まりきらない。狂気的な傑作。

・初めてAA描写に驚いた作品。

誠の太閤立志伝
・「関が原戦線異常あり」の外伝。前作では名実ともに天下人でありながらも、年を重ねていく内に衰えが隠せなくなっていった秀吉の若い頃を描いている。武勇で出世が望めた戦国時代という時代の中で並外れた武勇を持たない彼がそれを悔やみつつ、しかしそれでも諦めずに前に進もうとする姿にはグッと来るものがある。他にも彼の上司となる信長やその信長の擁立する足利幕府の将軍義昭などの人物の解釈が大筋を踏襲しつつも、旧来の歴史小説で描かれる様な姿とはどこか異なった魅力を見せているのが印象的な作品。

・「関が原戦線異常アリ」の誠こと豊臣秀吉が藤吉郎と呼ばれていた時代の物語。前作の秀吉は日本史上最高の英雄と評された一方、加齢と共に自らの能力の衰えを自覚できずに前に進み続けようとした哀しさがあった分、今作では武勇によって出世を目指すことができた時代に人並み外れた武勇を持たない彼がそれを悔やみつつも、決して諦めずに前に進もうとする姿には一層グッと来るものがある。その他にも彼の上司である織田信長や信長によって擁立された将軍・足利義昭など従来の時代小説のイメージに重なる部分がありながらも、独特の魅力を持った人物像が描かれているのが印象的な作品。

赤王ちゃまのクロノトリガー
・童帝氏の名作。凡人やる夫が必要だった理由が分かるラストが美しい。
迷宮伯爵 〜 Materia Medica 〜
・この作者様の作品は全体的にレベルが高く面白い作品ばかりなのですが、中でもこの迷宮伯爵が一番好きです。現行作品で1位2位を争うほどに更新が楽しみな作品。

・セリフ回しがすごく良い。

・円熟した完成度を誇る名作。出てくるキャラの元ネタはほとんど知らないが関係なく楽しめる。

逆転教育実習生やる夫
・いわゆる貞操観念逆転世界もの。
ただ逆転世界へ主人公のやる夫が行き、逆に向こうからこちらの世界へやる夫の異次元同位体である鷺沢文香がやってきてお互い身代わりに教育実習生としてやっていくというもの。
同じシーンなのに男女とか価値観が逆な描写が見れて面白い。
銀ちゃんとやらない夫
・落ち着いた感じのラブ話。
銀の旅劇団
・ネロさまがひたすらかっこいい!
鋼の巨人やらない夫
・最高傑作!ヒーローモノやロボモノが好きな方に読んでいただきたいものです!!

・熱い! 熱い! 熱い!

長男秘剣録
・海賊襲来辺りが一番好きかな。

青春10代ダベリ場
・学園モノで一番笑った。
風見幽香は華とみる
・読後感が毎回とにかく素晴らしい!
今自分が最も推している作品で更新が待ち遠しい!
飯屋
・ギャグだと思ったら戦闘表現がすごい。
魔法使いはオタクばっかり
・同人作品(?)のやる夫スレ化。内容もファンタジー世界に転移したやる夫が現地でコミケ(ただし漫画的なものでなく魔導書)を開催するお話。
魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
・ファンタジー世界に転移もの。
能力はスレ住民が実際にレスで書いたモノを貰える能力。他のキャラも実際にレス数を多く貰えたら強い魔法が使える、などのスレッド機能に基づいて作られている作品。そしてそんな世界だから単純なファンタジーという訳ではなく・・・
【2001年】やる夫達が宇宙の旅に出るようです
・原作でコンピュータが何故ああなってしまったか?という問題がわかりやすく読めた。
【DDSやる夫】
・続き期待。
【DQ3】やる夫がプレイ済みの異世界で冒険者になるようです。
・基本に忠実なゲーム世界への転移モノですが主人公の強みは原作知識とマジ珍要素(&現代人的やさしさ)のみ。原作知識はあってもステータスの低さゆえに序盤でパーティについていけなくなり、凛冒険者2次創作に出てくるモブの如く「冒険者だけど冒険はせずに堅実に討伐します」的ポジションになってしまう。しかし、そこは主人公…腐らず凡人なりに努力しつつ冒険者たちと付き合っているうちにマジ珍要素で美味しい思いをしたり、一癖も二癖もあるキャラに振り回されたり(勿論火消し役は主人公だ!)と地に足の着いた冒険譚が好きな貴方に勧めたい良作。

・剣と魔法のあるドラクエ世界の話ですが、ご都合展開のない現実的な話で、実際にドラクエの世界に行ったらこうなるんだろうなと思える、とても面白いスレです(ただしエロはのぞく)

【DQM】やらない夫はモンスターマスターとして召喚されたようです
・笑いあり涙あり。そして最後に余韻が残る名作。
【Fate】やらない夫はムーンセルで目覚めたようです【EXTRA】
・原作プレイ時に気になるポイントを余さず掘り下げた、最高の二次創作でした。エタってないもん、ちょっと何年も音沙汰がないだけでエタってないもん!
【FF11】 やる夫はプロマシアに挑むようです
・非常に珍しいFF11を元ネタにした作品。FF11の2つ目の拡張パッケージ、高すぎる難易度で悪名高い「プロマシアの呪縛」が実装された2004~2005年頃、後に「絆ブレイク」とまで称されるようになる「プロマシア」を当時プレイしていた作者の胃の痛くなる実体験をAAで再現した回顧録的なもの。麻雀を知らなくても「アカギ」が面白いのと同様に元ネタを知らなくても楽しめる作品。随所に解説も入る。
第一部が終わったところでエターになってしまったが、俺はまだ続きを待っている…
【R-18G】やる夫は明日死ぬ予定のようです
・死にたい理由って人それぞれだとは思うんですが、それに至るまでの過程って結構長くて中々直近の悩みごとを一つ解消したからって解決するようなもんじゃないよねってことを感じました。これからが楽しみな作品です。

・気になる。とても先がきになる。

・各キャラの魅力に惹かれる。いろいろと重いがそれがイイ。

・現代異能物の中で一番好き。

・破格のチート能力を持ちながらも、鬱屈として生きている自己肯定感がすさまじく低いやる夫のアンバランスさが、ただのチート物とは違っていいです。
やる夫の周り地雷(女の子/ガチ病み/甘酸っぱくない)が増えていますが、いつ爆発するのか戦々恐々しています。

【R-18G】やる夫は見えている地雷を踏んだようです【メガテンもの】
・メガテン系やる夫スレ。
悪魔とは、MAGとは、魔界とは何か、という事を科学的などの手法で説明していて、かなり独特な設定や考察が込んでいる良作品。
考察好きや、メガテン好きにはオススメ。
続編のDQ3ものも面白い。

・女神転生シリーズ二次創作の中でも異色?
デジタルデビルストーリーの「デジタル」要素が色濃く出る作品。
情報技術とオーバーテクノロジーで、悪魔やメシア・ガイア両陣営を翻弄するのは痛快。

【R-18G】女神幻想紀 ガイア転生
・メガテンシリーズとガイア幻想記をミックスさせたR-18Gスレ。
ハードな世界観と充実したエロが混在した大作、やる夫の嫁は全員魅力的だが経産婦アイドルのよし子とエロに流されやすかったシノアは特にお気に入りでした。

・エロエロ幼な妻のシノアちゃんが最高だった。

・いわゆるエログロ有のメガテンものだが、ガイア幻想記という往年の名作も下敷きにしているので、単なるメガテン二次創作と差別化されているのが最大の特徴。
荒廃した新たな世界で悲惨な目に遭いつつもたくましく生きるキャラクターそれぞれは大変魅力的でした。
特に売れない学生地下アイドルから一家の大黒柱兼京都の象徴までのし上がったよし子の生き様には惚れました。

【R-18G】白饅頭は人類絶滅の夢を見る
・ドロドロに煮詰まった人間関係もさることながらaaを丁寧に使った表情の描写がとんでもない作品。
ただ後ろ暗いだけではなくvsよしかの迫力と緊張感は読んでいて手が止まらなかったです。

・人としての尊厳も愛する対象も奪われたときどうなるか? そのときに湧き上がる感情を濃密に描写している。この描写は小説や漫画にするにはコストがかかり過ぎる。それが低コストなAAの特性でうまく表現している。「間」の表現をとことん使った作品。

【R-18G】遍歴流離譚【あんこ・微安価】
・キャラの会話のテンポが良く、掛け合いも面白くて何度も読んでしまう。
【R-18G・あんこ】あなたのヒーローアカデミア
・事有る毎に大爆発する医療ダイスとその影響で原作に沿いながら違う流れに変わる物語は必見。

・原作からは(特に設定が)ぶっ飛び始めてるけどそれがいい。

・個性社会の問題を原作以上に描写している。が、基本は学園ものなので安心。

【R-18】あなたは騎士の学校に招かれたようです【安価・あんこ】
・メアリ・クラリッサ・クリスティ主人公のファンタジー学園モノ。
ファンタジー世界に召喚されたと思ったら実は人類破滅までのカウントダウンがあって、それを解決するために右往左往という実は20才なのに鯖読んで学生をやるメアリちゃんの大活躍劇。
【R-18】あんこ・オブ・ザ・デッド
・あんこスレ特有のカオスな展開とあんこスレとは思えない完成度の高いストーリーが両立した見事な作品だと思います。
【R-18】あんこ・ラグーン
・ロアナッポロだとか、ホッカイドーシードラゴンだとか。
いちいち語彙が笑い心をくすぐるあんこスレ。
イッチのあたまおかしさはあんこオブザデッドの頃から現行スレの奇妙な乙女ゲーまで健在。
【R-18】やらない夫は冒険者養成校で夢を見るようです【安価】
・大豆さんの作品はすべて話のテンポが良くてスルスル読める。
キャラの立て方が上手。近年の作者で一番好き。
エタる時も一応の完結をしてくれるのが好印象。
【R-18】やり手ババア ベアトが教えるソープランドの遊び方
・風俗(R18)関係の学ぶスレ。
やる夫(作者様のアバター)が体験した事やら
パネマジの見分け方のような手法まで風俗関係の事を教えてくれる。
風俗をオタク向けに解説してくれるページが閉鎖したりしてるので行ってみたいけど怖くて・・・という人への解説になるかも?
風俗以外に所々で料理とか時勢の話題なども。
【R-18】やる夫はまるだし世界に落っこちたようです
・エロくぶっ飛んでいますが、狂気をあまり感じないところがよい。
【R-18】バカサキュバス巴マミ、初仕事にて失敗す
・クズいやる夫が、親戚のマミさんやその友人を騙してエロいことをしていくギャグエロ話。ギャグが秀逸だったのでおすすめ。
やる夫がデビルサマナーになるようですと同じ作者さんと知った時は驚いた…
【R-18・一部安価】あんこ少年やる夫☆マギカ
・やる夫でもまどマギでもない明後日の方向に進むのですが、それがまた面白い!キン肉マンもデジモンも知らなかったが楽しく読めた。
【R-TYPE】やる夫が提督になるようです【TACTICS】
・ストーリー、設定、AAの見せ方全てが高レベルな長期作品。
【R18】クソザコシビリアンあかり、野生児に拾われる
・あかりちゃんとやる夫達の成長がワクワクする。
【R18】魔剣使いとポンコツ生活
・追いかけるのは大変だけど面白いスレ。

・非常に数が多く魅力的なキャラ達、細部まで練りこまれた設定、最高だと思います。

・設定の濃さが凄い。どこまで考えてるの?って読みながら思ってる。武術の動きについても面白い。

【TRICK】真紅達が超常現象の謎に挑むようです
・ドラマ「トリック」が原作。残念美人真紅が似合いすぎる。
【TS】彼は「響」になってしまったようです
・TSもの。艦これの響の姿になった主人公が順応して生活していく。
良く有るTSした本人と周囲とのドタバタものではなく、実際にTSなんてしたらこう行動するだろうな、こう思うだろうな、という有る意味リアルっぽい描写がされている珍しいタイプのお話。
そのリアル的思考がすごく引き込まれたのでオススメ。
【あんこ】あいえーすー【インフィニット・ストラトス】
・数あるIS二次創作でも群を抜いたオリジナリティと文句の付け様のないストーリー展開とエンディング、これがあんこスレとは思えないレベルでした。

・セシリアがすごい。もうホントこれに尽きる。逆に普段なら一番人気のシャルがアレな事に…

【あんこ】さーきー【咲 -saki-】
・毎日の更新を楽しみにしていました、ダイスの無茶振りが伏線回収になっていくアドリブ技術は見事でした。

・登場キャラが可愛い!これに尽きる。

・今までのやる夫が主人公の作品の中で一番好きなやる夫です。
またエキシビジョン勢のダベリが見たい。

【あんこ】やばキャン凸
・レムに振られたナツキ・スバル(Re:ゼロ)が、傷心からやけっぱちになって最近復活した魔王の居城ルートの情報集めという高リスクの冒険に出てしまう。
傷心から全く復活しないままズルズルと進んでいく内に、勇者ユウキ(SAO)と道が重なり・・・
クソ雑魚メンタルなスバルが自暴自棄気味に冒険していく様が面白い。
【あんこ】エドモンは大海賊時代で復讐者になるようです【ONE PIECE】
・ONE PIECEが原作の現行作品最初のうちは面白いけど普通やなみたいな感じだが最新のあたりになってくると海軍とのアンジャッシュが面白すぎて腹筋崩壊間違いなし。

・ダイスのとびっぷりが半端じゃないです。

・ノリと勢いがあり読んでて楽しい。原作ちゃんと読んどけばよかったと少し後悔してる。

・エドモン・ダンテスよりも偽名のロジャースが圧倒的な存在感を出してるのがおもしろいです。

・とにかくファンブルが出まくる印象があるけどそれをうまく捌いて面白い展開にするのがすごい。

・エドモン好きでワンピ原作未読ですが面白い。この作者さんのはどれも好きです。

【あんこ】エージェントやる夫の日常茶飯事【マーベルシリーズ】
・昨今の作品は主人公を頭が良くて強いという設定にするのが多いがこの作品の世界はマーベルヒーローたちが居なくなった世界だけど主人公より頭良い人や強い人は多数いて主人公は特別なことはできない代わりにやろうと思えば誰でもやれるがやばすぎて出来ない事をするガンギマら主人公でクソほど面白い。

・俺の好きがいっぱい詰まった傑作。

・とにかくガンギマリな転生主人公が、マーベル世界の行く場所行く場所更地にしていくので爽快感がある。敵に膝蹴りかます恋する乙女オルガマリーちゃん超可愛い!!ミス普通のバラドル幸子も可愛い!!

【あんこ】コードギアス反骨の無惨様
・無惨様は元ネタを知りませんでしたが、彼が起こす様々なイベントが思わぬ伏線になっていて、最後まで楽しめたギアスものでした。
あと、時期柄言っていいのか解りませんが、インフル最強。

・今年前半期で最も印象に残っているやる夫スレ。
過去編の流れがあんことは思えない美しさでした。

【あんこ】ディエゴ・ブランドーがグランドオーダーに挑むようです【FGO】
・第二部期待してます。

・あんこスレ系統では必読、とまではいわねいがこれ一作であんこの醍醐味を知れると言っても過言ではない!

・ディエゴのトンチキがすごい。

・初っぱなからダイスが大暴れしていて笑った。特異点ごとに独自勢力を築き上げる歩く特異点ことカルデア臨時所長・ディエゴ(特技・ディエゴパンチ)の主人公力がスゴい。

・稀にみる傑作あんこスレ。
話のプロットは原作FGOのままなはずなのに「違う、そうじゃない」と言いたくなる展開が多発、鯖の攻撃が効かないなら自分が攻撃すればいいでダイスの一割ブチ抜いてダメージ与えるとか。
もちろん原作を知らなくても楽しめる、当作の面白さは原作に拠るのではなく最初から最後までたっぷりあるトンチキさに拠るものだから、ディエゴと一緒に旅を楽しもう。

【あんこ】小悪魔は聖杯戦争を開催するようです
・サーヴァント役が好きなキャラ多くて俺得だった。30人でのバトロワ形式も結構サクサク進んで読みやすかった。

・第一回も第二回も学生組好き。

【あんこ】尖がりやきう
・タイトルから分かるかもしれないけど、なんJ語録が連発するあんこ野球物。
打率が1.00の畜生がひたすら暴れ回る様は爽快。
【あんこ】老け顔のブラッドレイ(15歳)が自由惑星同盟軍に入隊するようです【銀河英雄伝説】
・数ある銀英伝物の中でも数少ない同盟軍側中心のお話。
ダイス監督の導きで原作ファンでは思いもよらない出来事が次々と起き続け、それでも最後までまとめ上げた作者が凄いと思います。
【あんこ】銀英伝みたいな何か
・銀河英雄伝説の二次創作、フレーゲルを魔改造して原作の運命を変えていけ!な銀河青春伝説。
生存戦略の人の現行スレは不在中に落ちちゃったので気長にお待ちしております。
【あんこ】項羽と劉邦は乙女だらけの楚漢戦争を戦うようです
・攻めの項羽、守りの劉邦。

・項羽と劉邦は色んな作品見てきたけどこれが特に好きです。最後のどんでん返しとか。途中のやり取りとかもう大好き。

【あんこ・R18】やる夫は三文ヒーローのようです【ヒロアカ?】
・このハードボイルド感がたまらんのじゃ。
【あんこ・安価】ギアス世界をダイスに任せて渡り歩く【コードギアス】
・ギアス世界で主人公(黒い影絵キャラ)が各植民地を開放していくお話。
戦闘シーンのギリギリさや絶妙さが面白い。
同作者様の他の作品も同様に戦闘シーンが面白いので気に入ったらそちらもオススメ。

・EU難民だった(文字通り裸一貫の)主人公が、祖国奪還を目指すギアスもの。
EU軍に志願兵として潜み、様々な人との出会いもあってのし上がっていく様は本当に凄いの一言。NANMIN最強。
あと、ダイス監督の導きとはいえ、ギアスユーザーが全くと言っていいほど活躍しない(もしくは出オチな)ギアスものは初めて見た。

【やらない夫】ニートVS労働厨【ほむら】
・やらない夫とほむらが同棲して駄弁ったりTRPGをしたりする話。
雨の降る静かな日に読みたい名作。
ただエター作品なのでお気をつけて。
【ドラクエ6】<彼/彼女>の夢は覚めないようです
・ドラクエ6原作で仲間の1人バーバラ主人公のスレ。
原作との大きな違いはバーバラポジションのキャラクターは男から女にTSしてしまい、自身が何者なのか悩みながら、仲間と旅をしていく。
バーバラ視点である事と、道中のキャラクター同士のやり取りがとても和気藹々としていて、既プレイヤーの方々にも楽しめる作品です。
【乳酸】 カルピス・タイム 【物語】
・後に商業作家デビューした作者さんが書いた話だけあって今読んでもとっても面白い。人生や青春の話。
【安価TRPG】唯ちゃんと旅の仲間たち
・平沢唯主人公の、安価で読者とやっていくTRPG風味のファンタジー作品。
ご都合主義ではなく、AをとったらBを失う、良かれと思ったら悪い方に進む、などのシビアさを含んだ判定もされ、ご都合嫌いの人にはかなりオススメ。
ただ物凄く長く、最新分まで追いつくのに休日数日潰す必要あり。
さらに途中から新作の長男秘剣録に移行しててそちらも長いので、長期の連休などに読むの推奨。
【安価】IFはキル子を導くようです【札戦】
・オリジナルカードゲームがきちんと遊べる出来で、物語に組み込まれているのが凄い。
【安価】『あなた』はホグワーツで将来を模索するようです【ハリポタ世界】
・自分が見てきた安価スレでも特に面白い作品。

・ハリー・ポッター二次創作で一番好きな作品。作中時期はハリー卒業から数年後で、登場人物はほぼオリジナルでオリ呪文が作られたり原作とはかけ離れたりしているけれど、根底に原作リスペクトがありオリキャラTUEEEとはなってない。
ダークファンタジーであり、成長物でもあり、学園物でもあるのでいずれかが好きな方にオススメ。

・文字通り睡眠を忘れて読みふけった作品。ハリーポッターシリーズに登場するホグワーツに主人公が一年生として入学するところから始まる物語は、同学年にも先輩にも先生にも、数多く魅力的なキャラが登場し、ストーリーもとても面白く、安価スレのためプレイヤーが介入できることによる没入感も相まって、あと一話だけ・・・を繰り返して眠れなくなる・・・なった。
まだまだこの作品について紹介したい点は山ほどあるが、それをすべて書くには余白が狭すぎるので、このあたりにしておく。
要約:『あなた』はホグワーツで将来を模索するようですはいいぞ!

・キャラが立っていてとてつもなく可愛い。
キャラの倫理観がおかしくて面白いので飽きずに読める。

【安価】やる夫たちは受け継ぎ足掻くようです
・いろんな意味でロマンにあふれる物語
【安価】やる夫は魔法世界に流れ着くようです
・安価異世界転移ものだが……? 作者さんの巧みさが光る一品。
【安価】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです【R-18】
・「オーバーロード」の作者丸山くがね氏イチオシ(本人のtwitterより)。
舞台は剣と魔法の世界。その世界の混沌・混乱を収めるためにスレの読者たちが『複数の意識と肉体を共有する』という特性をもつ種族『バルクびと』として安価を通して直接作品内に登場するという形式の安価スレ作品。
非常に高いストーリーテーリング能力はやる夫スレを見渡しても稀有。
【安価】レミリアは世界を旅するようです
・安価式のダークファンタジー旅行記。ここのレミリアのキャラはなかなか真似できない。登場人物の死亡頻度が高いのには注意。
【安価】学園総合学科奮闘記【あんこ】
・ダイス監督の名采配とそれを活かすイッチが素晴らしい作品。 とてもすき。

・始めは異国生まれのマイナー学科の一講師だったが安価が跳ねるごとにヤベーやつになっていく先生が最の高。

・追ってる現行の中でも特に好きなスレ。やらない夫が偶然すごい人たちと縁を結びまくるので、周りの常識人がどんどん胃を痛めていくところが面白い。ダイスにより教育能力が青天井で伸びていくため、いっそどこまでいってくれるのか楽しみになってきた。

・どマイナーな研究ジャンルへの風当たりは異世界ファンタジー世界でも変わらない世知辛さよ…
所属する学部を守り亡命外国人でも国籍を取得できるようになるまで頑張れやらない夫教授。

【安価】深きチョロヒ
・作者の歴史知識が高く濃厚な歴史描写を楽しめる作品。
安価に知識がそれほど要らない事が多くハードルが低いため参加しやすい。

・バブミズム。

【安価】ヒャッハー世界で日本がこの先生きのこるには【内政】
・所謂大日本帝国技術TUEEE物。
作者が史実ネタに詳しい事もあり、技術革新への各国の反応や目まぐるしく変わる世界情勢が描写されてる。
【安価・あんこ】やる夫はへいわなせかいを征くようです【ロボットもの】
・ロボットものなのに裏方で苦労するやる夫が好きです。
【安価・あんこ】ヤールオトリガー
・ボーダー立ち上げ直後の原作とは違う物語。
この作品読むまで原作未読でしたが丁寧な展開とキャラ描写で今では原作最新話も気になるぐらい面白いスレ。

・原作未見だったけど、まとめサイトでたまたま見かけてから、のちに原作揃えてしまうほどどハマりしました。それ位面白いです。更新楽しみにしています。

・原作よりも大分日常パートが多くありつつも原作っぽいイベントもある面白い作品。

【安価・あんこ】証言と証拠は安価とあんこの後で
・もうタイトルに書いてあるのが全て。
無理矢理動機とかつけて無理矢理な犯罪でも成立させるのを楽しむギャグ推理もの?です。
【安価・あんこスレ】やる夫は空想と現実の狭間に挑むようです【R-18】
・これ好き(小並感)
変身ヒーロー物で読んでてすごい楽しい、全体的なグダりも少ない良作。
【FE】     JIHAD      【Ⅱ】
・やる夫スレも10年弱見ていますが読み返した回数は1番多く今でも読み返しています。ファイアーエンブレムが原作ですが、原作のシリアスさは残しつつふんだんに笑いどころがあり、読み飽きません。特にメングとシャナンのアーダンを巡る争いは笑いたっぷりにシリアスさがスパイスされとても面白いです。あと未完で終わることも多いやる夫スレで10年近くかけて完結させてくれたことはとてもうれしかった。ラスト投下をリアタイできたのは一生の思い出です。
番外

投票はあったものの、やる夫RSSで現在登録していないものです。

やる夫が鉄道死傷事故の救助をするようです&やる夫が駅員として頑張っているようです
https://web.archive.org/web/20150630072132/http:/gnusoku.blog41.fc2.com/blog-entry-764.html
やる夫が武士になるようです
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/otaku/12973/1258865736/
バシレウスのパイロット
http://yaruoshelter.com/yaruo001/kako/1553/15539/1553945428.html
やる夫がバトル・ロワイアルに参加させられるようです
http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo-royale-01.htm
【安価・R18G】エンドブレイクオンライン-男の娘の魔王と滅びの神話-【VRMMO?・男の娘】
http://yaruoshelter.com/yaruo001/kako/1588/15883/1588346421.html




Comments are closed